旭山記念公園の朝日が綺麗だったこと

旭山公園の朝日

今朝は天気が良いらしいことを知り、どこかで朝日を見たい思ったのです。

どこで見ようか考えてみたものの、

あまり遠くまで行っている時間がなかったので近場で探すことにしました。

本当なら山の上から見てみたいところですが、

今年は山に登っていなかったのです。

そんな身体でナイトハイクからの日の出など難易度が高いにもほどがありますから。

どこで朝日を見られるかなと思って色々調べて見ました。

スポンサーリンク

札幌で簡単に日の出を見られる場所

調べてみると旭山記念公園の開門は6時で、

日の出時刻はそれよりも20分くらいあとなので朝5時過ぎに起床して行って来ました!

この季節、朝の5時はまだ真っ暗です。

日の出前の時間にスポットへ到着

街の灯りがまだ残る頃

6時の開門と同時に旭山記念公園に入り、展望台に繋がるスロープの所までやってくると、街の灯りとうっすらと明るい空が見えて来ます。

11月頃はこの方角に日が昇ります

地平線あたりが赤くなってきました

時間は6時を過ぎているけど、街はまだ暗くて聞こえてくる街の音もまだ静かです。

それでも、ここへ来たときより地平線近くが赤く染まって来て、朝が始まる予感がします。

日が昇る方角は、中央あたりに見える札幌ドームがを目印にしておきます。

日の出まであと10分くらい

そして、すごい寒い。

侮っていました。11月の早朝の寒さを。

いやもう寒いなんてもんじゃないですよ。

フリースにダウンベストに防風ジャケットというレイヤーで着込んできましたが、結局のところ持ってきたカイロの暖かさが一番ありがたい。というありさま。

朝日が昇ってきました!

きれいだー!

ちょうど雲の隙間から見える朝日は、身体にじわじわ暖かさが伝わってくるのが分かります。

日の光はありがたいなー。なんて思いますね。

それにしても、むちゃくちゃ綺麗です!!

街の高層ビルにも反射します

朝日は街を照らし始めます

高層ビルや、遮るものがない地域あたりに日の光が当たり始め、辺りがまた徐々に明るくなってきます。

遠くの山々もうっすら見えていますね。

そして、太陽がすっかり顔を出します!

わあ、綺麗。

言葉が出ないくらい綺麗。

深い青色だった空が、朝日の橙色で一気に染まって行きます。

朝が始まります

朝の音も聴こえてくる

鳥の声や車が走る音など街の喧騒が聴こえてきて、「こうして一日が始まるのだなあ。」なんて眺めていました。

同じように朝日を見にきていた人も何人か居て、「きれいー」と言う声も聴こえてきます。

手稲山にも朝が来ています

ここよりも早く朝が来ていたことでしょう

手稲山の上から見る朝日はもっと綺麗だろうなあ。とも思いましたが、それこそ難易度が高いので、ここからこうやって手稲山の山頂を眺めるのも悪くないなあ。なんて思いました。

実際、朝日を浴びている手稲山山頂の景色はとても綺麗でした。

霜がおりています

これくらい寒いってことです

よく見ると、あちこちに霜が降りていて、日陰には雪が積もっていました。

平地での積雪もそろそろですね。

いっぱい写真を撮りました

朝ならではの構図や撮り方がありそうです

まだまだ写真撮影の腕は上がりませんが、日の出とか早朝とかは何をどう撮ってもよく撮れるので、綺麗な写真が撮りたい人にはおすすめの時間帯です。

早起きするだけです。

もうすっかり朝

いつもの朝です

顔を洗って朝ごはんを食べて、職場へ向かうのに家を出る頃の時間。

いつも見ている朝の風景。

じゃあね、また

またいつか来たいと思います

旭山記念公園から見える朝日や朝の風景はとても綺麗でした。

札幌の街からも遠くないので、難易度はかなり低くて早起きと防寒対策くらいでした。

本日の朝活終了

最初の写真の場所です

来た時はまだ暗かった展望台へ繋がるスロープの場所です。

なんだかとても雰囲気があって、ここからの眺めが好きなのです。

この季節ならではの楽しみ方

11月のこの季節では、旭山記念公園の6時開門時間よりあとに日の出時間になるので、天気がよければこんなふうに朝日を眺めることができました。

ただ、むちゃくちゃ寒いので、暖かい格好をしてカイロとか暖かい飲み物なんかもあった方が良いと思います。

三角山の日の出

三角山から見た札幌の街に昇る朝日が感動するほど美しかった

2016年11月1日
厚田の星空

厚田と石狩灯台で天体観測と星空撮影、七夕前夜に天の川は見えるのか

2016年7月7日
赤井川冷水峠雲海

赤井川村の冷水峠から雲海を見たい

2017年5月28日

 

スポンサーリンク