冬のモエレ沼公園に行ってみよう

冬のモエレ沼公園

冬の沼ってどうなっているの?

ことの始まりはそんな単純なことでした。

そう、札幌の東区には「モエレ沼公園」があるではないですか。

初夏は爽やかな風を感じながら広い公園内の散歩が楽しいですし、夏にはまるで海が目の前にあるかのような「海の噴水」が好きで時々見に行っています。

冬も何度か行ったことがあるけれど、あんまりちゃんと見てなかったなあって。

ちょうどよかった、冬の沼がどんな感じになっているか見に行ってみよう。

モエレ沼公園はあまりにも広大なので、撮る対象(目的)によっては必要な焦点距離も全然変わって来ます。

うーん、でも沼かあ。

沼撮るんだったら、換算50mmくらいで良いのかなあって。

すっごい適当。

ということで、OM-DにLUMIX G 25mm/F1.7をつけて、ぶらぶら歩いて来ましたよ。

スポンサーリンク

白を撮るのって難しい

幸運なことに天候は晴れ、風も強くなくてゆっくり撮るには最適な日でした。

それにしても広大なモエレ沼公園は雪の白に染まっています。

当たり前なのですが、公園内のどこを見渡しても白の世界。

何枚か撮り始めてみたものの、白って撮るの難しいなあとちょっと挫折しそうになります。

あ、でもなんか他の色が少しでもフレームに入れば、白は雪の白だってわかるかなあ。

赤い実に雪が積もっています

ナナカマドは冬にありがたい貴重な赤色

冬でも赤い実が元気にぶらさがっています。

カラスは食べないのかな。

ナナカマドの実の赤色と、晴れた日の青い空。

よく見ていれば、冬でもこれだけ綺麗な色があるんだってことがわかります。

沼はこんな感じ

真っ白

よくわからないくらい真っ白です。

夏は沼らしく少しじとっとした感じもあるモエレ沼ですが、冬はまるで雪原みたいに一面雪の白で覆われていました。

もうちょっと広角で撮ってもよかったけど、換算50mmでも悪くないですね。

この写真で伝わるかどうかはわかりませんが、冬のモエレ沼は雪に覆われているせいもあってか、夏とは違う表情を見せていてとっても綺麗な景色でした。

並木にも雪が積もっています

冬でも沢山の人が来ています

モエレ山ではそり遊びエリア、歩くスキーコースもあって、みんな楽しそうにしています。

冬の公園でこれだけ沢山の人が来ているってのも凄いですね。

ガラスのピラミッド

青く晴れた日が似合います

中に入っても凄い施設ですが、こうして外から眺めてもやっぱり凄い。

雪の白もよく似合います。

なんだかまるでクリスタルみたい。

午後の日差しが注ぐモエレ沼

帰り際にもう一度沼を撮ってみます

フレームに色のあるものを入れても、やっぱり広大な雪の白を撮るのは難しい。

それでも冬の沼の状態がよくわかりました。

冬の沼はまぶしいくらいの白

モエレ沼の描くカーブも綺麗

曲線を描いているモエレ沼の形。

木々の葉も落ちきっていて、それ以外はほとんど白だから遠くまで見渡せて、沼の形もよくわかります。

夏も静かなモエレ沼ですが、冬はさらに静かでまぶしいくらい白い沼になっていました。

スポンサーリンク