共和町 掘株川の桜並木、春の景色を歩いてみる

先日、共和町にある「かかし古里館」に行ってきたときのことを書きました。

ここでは木造校舎ならではの雰囲気を感じることができて、またその裏庭で咲いている桜並木まで見ることができました。

よければ下のリンクからご覧ください。

で、今回の記事では「かかし古里館」からもわりと近い場所にある、掘株川の桜並木について書いてみます。

川沿いに咲く桜の並木はとてもきれいで、遠くには山々も見えて、共和町で春の景色を歩いて楽しんできました。

スポンサーリンク

川沿いに咲く、美しい桜並木

掘株川の桜並木は、共和町役場の北側にあります。

役場北側にあるグラウンドと、掘株川の間にある土手を下流に向かってあるいて行くと、季節がよければ見ることができます。

ぼくが訪れたのは、5月最初の週です。

札幌から行くとなると、車でだいたい2時間くらいの場所にあります。

「かかし古里館」の時の説明と同じになりますが、余市町から国道5号線を南下して、途中で小沢駅の少し前あたりで岩内方面へ曲がって、すこしすると着きます。

遠くに見える山々と新緑の季節

遠くにはニセコの山々も見え、春の草やたんぽぽが生え始めた河原を歩きながら、こうして桜並木を楽しむのも本当に楽しいひと時です。

普段のあわただしい日々を忘れて、のんびりと歩いて新緑の季節を楽しみます。

この場所を知ったのは、たまたまでした。

「かかし古里館」へ行って裏庭の桜並木を見ていた時、そのまた向こう側にも桜並木があるのが見えたんです。

やっぱり気になってしまって、「かかし古里館」へ行った帰りにここへ立ち寄りました。

着いてこの桜並木のある川沿いを歩いてみると、たまたま来たにしてはとてもきれいな場所で、来てみてよかったなあと思える良い場所でした。

川は少し曲がっていて、桜並木もそれに沿っています

ここの桜並木が美しいことのひとつに、上の写真でも見えると思いますが、すこしカーブしているんです。

このちょっとしたカーブがあるおかげで、桜並木がよく見えるんです。

少し曲がっている川沿いにあるからこその風景ですね。

この日は「かかし古里館」からの掘株川の桜並木を見て、良い場所がたくさんあるんだなあと「共和町」をもっとたくさん歩いて回りたくなりました。

けれどうかうかしていると日が暮れそうなので、今日はこの辺りで帰ることとします。

またいつかゆっくり、共和町を歩いてみたいと思います。

スポンサーリンク