雪景色も綺麗な冬の星観緑地へ

JRほしみ駅を降りるとすぐ前に広がる緑地

JRほしみ駅は札幌の一番西側にあります。

この駅で降りると駅の北側に広がっているのが星観緑地です。この緑地では春の季節に桜並木がまっすぐに伸びて、そのまま星置川に掛かる橋へと繋がる雰囲気が好きでよく来る場所のひとつです。

過去記事を見てみるといままで二回ほど記事にしていたんですね。

前に冬の記事を書いたときは随分と雪雲に覆われていた日でしたが、今日は前の日にたくさん雪が降った翌日のよく晴れた日でした。こんな日はとても気分が良いです。

ほしみ緑地の冬

星観緑地、2月の冬景色

2018年2月11日
星観緑地

星観緑地へお月さんを撮りに

2017年4月1日

*今日のカメラの設定

そういえば前の記事で絞りめの設定で撮ろうみたいなことを書いていたんです。

絞りめの設定はけっこう良いなあ。これからは絞りめでもたくさん撮ってみようかなあ。

さっそく今日はF値を絞ってF9くらいで撮ってみました。ISOは100固定です。レンズはいつものLumix 14mm F2.5。

スポンサーリンク

桜並木が有名だけど雪景色も良いのです

星観緑地といえば春の頃の桜並木が綺麗なことが有名です。ぼくも何度か観に来たことがあって、手入れが行き届いたこの緑地で見る桜はとても綺麗でした。

春が綺麗な場所は冬も綺麗なんじゃないだろうか。

ぼくがカメラを持ってあちこち歩いて時々感じていることのひとつに、「桜が綺麗な場所は他の季節も綺麗なことがある」というのがあります。

多分それは「桜が綺麗」というのは花単体だけではなくロケーションや場所の雰囲気も含めて綺麗だからだと思っています。

この緑地もきっとそうなんじゃないかと思って、あえて雪の積もった晴れた日に来てみました。やっぱり雪景色もとっても綺麗でしたよ。

遠くに見える山々も美しい

星置川に掛かる橋の上からほしみ駅方向を向かって撮りました。

まっすぐ伸びているこの道の先には桜並木があります。さきほど「ロケーションや場所の雰囲気も含めて綺麗」と書きましたが、ここの美しさはこのまっすぐ伸びた道と、この橋の上からだとよく見える手稲山とか山々の景色がその一つだと思います。

少し日が傾いて山々に太陽が隠れそうな時間などはいっそう雰囲気がありますね。

駅とは反対の海側を撮ってみます。

こちらもこちらで積もった雪のおかげで川の形が美しく浮かび上がっています。

動物の足跡かな。

橋から少し移動して緑地内を歩いてみます。長く伸びる木々の影も綺麗です。

F値を絞りめ(Fの数字が大きい方)にして撮るとキリッと撮れてこんな雰囲気の風景撮りには良いですね。

細かな枝の感じや、雪原の微妙なうねりみたいな感じもちゃんと映してくれるし、心なしか太陽の光も良い感じに見えます。

しかしこの14mm F2.5のレンズフレアは派手に出ますね、ぼくはそんなところも含めてこのレンズが好きなんですけどね。

積もった雪の表面も綺麗に撮れてますね。

F値絞りめ撮影楽しい!

気が付いたら夢中で撮り歩いていました。

手がかじかんでくるー!今日もすごく寒いんです。

歩くスキーコースにもなっているので、トレースは足で踏まないように気をつけて歩きます。

青空が綺麗な日でした。

ここは池なのかな。

雪が積もると全てが白で染まるのでよくわからなくなります。動物の足あとがその場所を横断しています。水は抜いてあるのかそれとも表面が凍っていて動物の体重なら踏み抜かずに歩けるのかなあ。

あー、やっぱり寒い。カイロで手を温めながら今日もそろそろ帰ることにします。

それにしても札幌市内のJR駅を降りてすぐの所にこんな自然いっぱいの場所があるというのは北海道らしい感じがするとともに、緑地として自然を残してくれているありがたさも感じますね。

F値絞りめ設定は楽しかった

意識していつもと違うことをしてみるというのは新しい発見もあり、その中にはうまくいったりうまくいかないことも含まれるのですが、そのどちらも楽しいものです。

特にこんな晴れた日は、なにをしても楽しいもんです。

まだまだ1月中旬ですから、これから大雪が降ったり寒波がやったきたりしますが、そういった雰囲気や雪が止んだ後の晴れた日の様子なんかも撮っていきたいなあなんて思っています。

F値絞りめ設定はどんどん今後活用していこうと思っています。また撮る楽しみがひとつ増えた気がします。

スポンサーリンク