大麻中央公園は自然がいっぱい

大麻中央公園

江別市大麻の街。

駅前にはわりと広大な公園があります。

大麻の街を散歩していた時に、以前から気になる公園のことを思い出して公園をぐるぐる歩いてみました。

本当はもっとゆっくり歩くことができれば園内の細部まで見て回ったり、お気に入りの場所を見つけたりできたんじゃないかと思います。

でも途中で大雨が降ってきてしまい、あまり長い時間見て回ることはできませんでした。

それも、大雨ですよ。

それがひどいもんだと思うか、面白がってしまうかと言えば、ぼくは後者の方。

雨が降ったからこそ、また今度ゆっくり見てみたくもなるし、駅まで走って帰るのも悪くはないです。

スポンサーリンク

大麻駅北口近くにある公園

とても心地よい雰囲気の公園でした。

駅前にこんな大自然があるなんて大麻の街は良いですね。

もしこの辺りに住んでいたら、休みの朝にはこの辺りを散歩したら楽しいだろうなあと妄想膨らみまくりです。

緑がいっぱいある場所がその公園

広くて歩きやすい歩道を歩きます

実際に道幅を測った訳ではないのですが、歩道は札幌より少し広いのかとても歩きやすい。

もしかすると、街全体もそうですし歩道も綺麗に手入れされているから歩きやすく感じるのかもしれません。

ちょっと散歩するにはとっても心地の良い場所です。

池とベンチ

広くて綺麗な歩道から見える、大きな池と緑

ベンチに座ってひとやすみ。

ここに座ってこの風景を観ているだけで普段の疲れが取れそうな気がしてきます。

本を読んでいてもよさそうですが、日差しを遮るものがないので、帽子は必須ですね。

住宅街の中に大自然

大麻の住宅街にあるとは思えぬ規模

この公園とっても広いのです。

歩いて回るといっても1周するだけでそれなりに時間がかかります。

そんな広い公園が住宅街の周りに、そして駅の前にあるのですから大麻の街は本当に良い環境だと思います。

公園脇の遊歩道を歩きます

綺麗に整地された遊歩道

歩きやすく広い遊歩道、ベンチもところどころにあり座ってぼんやりすることもできます。

広いって良いなあ。

ハリエンジュの花(多分)

あまい匂いのする花

この間の記事で、あの甘い匂いはニセアカシア(ハリエンジュ)だってことがわかりましたが(多分)、この公園にもその良い香りのする木がありました。

あの甘い匂いの正体がこの花だとわかって以来、みつけると思わずと嗅いでしまいます。

白い花が地面に落ち明るさを増します

散る花で敷き詰められた地面

花が落ちて居なければもっと暗かったと思いますが、その花の白色のせいで遊歩道も明るく感じます。

桜の花だけじゃなく、散ったこの花も地面に散らばる様子には風情を感じます。

公園遊歩道への分岐

右が遊歩道側、左は住宅街側

遊歩道も歩道も、やっぱり綺麗なんです。

ちゃんと手入れが行き届いて居て、草も刈られている。

そんな大麻の街はいつかまたゆっくり歩きたいなあと思わせてくれます。

大麻駅北口側へのアンダーパスの道

一つ前の分岐地点から逆側をみた風景です

この道は線路下をくぐるアンダーパスの道になっていて、大麻駅南口や道立図書館へ行くことができる道です。

この下り坂、そして向こう側はカーブになっていて、その先にはどんな風景があるのかなあ。と気になるとても良い道です。

ここで大雨が降ってきました

普段使いのぼくのリュックは底部にザックカバーが格納できるようになっていて、ササっとリュックにカバーをかけることができます。

ただ残念なのは、

傘を持ってきてません。。。

着ていたナイロンジャケットのフードを被って、駅へとダッシュで向かいます。

雨の日が素敵なのは知っているのですけれど

いざ急に雨が降ってくると、その中で写真を撮り続ける情熱がまだぼくにはありませんでした。

折りたたみ傘のひとつでも持っていれば、もうしばらく写真を撮り続けて、素敵な写真を撮ることもできたかもしれません。

菓子パンならあるけど。。。

菓子パンじゃ雨は防げませんから、今度から外歩きの時には折りたたみ傘か、レインジャケットを持つようにしようと思いました。

大麻の街はまたいつかゆっくり歩いてみたいと思います。

しかし、突然の大雨というのは、笑ってしまうしかないですよねー。

ニセアカシア

6月の夜。あまい匂いの正体はニセアカシア。

2017年6月15日

 

スポンサーリンク