防災用に単三電池で広範囲を照らすヘッドライト。CP-095D GENTOS

gentos_CP-095D ヘッドランプ

今こそ備えておこうと思うんだ。

自然災害はいつ起こるかわからないから、いまのうちに備えて置くのが良いと思った。

いつかじゃなくて、いまのうちに。

そう思わないといつまで経っても買わないような気がして、先週くらいから防災用品を少しずつ買っています。

いま注文してあるのは、LEDランタン2種類と、パナソニックの単三充電池(エボルタ)と、携帯電話のバッテリーとヘッドライトとか。

ヘッドライトが届きました。

注文してあるうち、まずはヘッドライトが届きましたので、今日はそのことをちょっと書きたいと思います。

光が拡散するタイプがほしかった理由。

実はヘッドライトは既にを持っているのですが、それはGENTOS GTR-931Hという型番の光が集中するタイプで、実際に暗闇を歩くことを目的に使ってみると、1点ばかり明るくてちょっと使いにくかったんですよ。

ちなみに朝日を見るのに三角山に登ったときに使っていて、そのときにこんな事を書いていました。

登っている最中はヘッドライトをつけたりもしましたが、むしろ見にくかったです。

僕のヘッドライトが直線的なLEDタイプで、薄明かりの中だとかえって眩しいのです。登山用拡散タイプのヘッドライトなら見やすくて役に立ったんじゃないかと思います。

三角山の日の出

三角山から見た札幌の街に昇る朝日が感動するほど美しかった

2016年11月1日

だから停電時や防災用にも便利な光が拡散するタイプがほしい。

暗いうちから山に登った経験上、暗闇を歩かざるを得ないシチュエーションでは、光はある程度拡散する方が見やすいというのがぼくの結論でした。

スポンサーリンク

停電時や防災用にジェントスの拡散タイプヘッドライトを買い足した。

停電時に夜間どうしても外を歩かないといけないということがあったとして、そういう状況だと光が拡散するタイプが良いだろうということで、GENTOSのヘッドライトを買い足したわけです。

あとは災害時に使うものは単三電池で揃えようと思っていて、「単三電池が使えるタイプ」という条件も含めて探して買いました。

GENTOSのCP-095Dを買いましたー。

今回はこれを買いましたよ。

単三電池仕様で広範囲を照らすのがぼくの求めていた条件ですが、これはそのうえ小型軽量で、さらに耐塵防滴っていうなんだかもう嬉しい仕様なんですよね。

あと結構ありがたいのが、強い光と弱い光と赤色LEDだけの3段階切り替えができて条件によって使い分けられるのも嬉しい。

お手頃価格ってのはありがたい。

そんでもってさらにありがたいのが、お手頃な価格なんですよね。

「GENTOSさんこんなに素敵なヘッドライトを作ってくれてありがとう」って思ってしまいました。

 

パッケージ裏面にはスペックが色々買いてあります

こういうのを探していました。

何はともあれ、さっそくパッケージを開けてみますよ〜。

楽しみー。

単三電池1本入れるだけー

電池が1本付属していてうれしい。

本体側面を開けて電池を1本入れるだけ。簡単ですね!

防災用品を単三電池仕様で揃える理由。

災害用品を単三電池のもので揃えようと思ったのは、単四、単三、単二とかでバラバラだと電池もその分用意しておかなきゃいけないし、単三は電池の中でも一番メジャーな規格な気がして、手に入りやすさを考えても単三で揃えるのが良いんじゃないかなあって思ったからなんです。

だからPanasonicのエボルタっていう充電池も単三用のを注文していますし、使い切りのアルカリ乾電池も単三電池を買いました。

スイッチも上部にあって押しやすい

ポチポチ押すたびにモード切り替えができます。

一番明るいハイモードで7.5時間、エコモードで20時間、赤色のLEDのみのモードで65時間。

これなら十分使えそうです!

実際に3種類のモードを切り替えた様子

これがハイモード

一番明るい状態です。

明るくて、光が拡散しているのがわかります。

いままで使っていたGTR-931Hだと光がぎゅっと集中していたので、これくらい光が拡散して照らしてくれたら暗闇を歩くのには使いやすそう。

これがEcoモード

だいぶ光量が落ちますが、真っ暗闇ならこれでも十分だなあ。

そういえば星空を観に行った時にこんなことも感じていたんですよねー。

ついさっきまで道中では車のヘッドライトが無いと何も見えなかったはずなのに、ここでは人工的な光があると何もみえなくなります。

星空の丘

厚田の丘で観た星空と、夜に目が慣れてくるということ

2017年8月11日

うまく説明できないんですけど、明かりがあると本当は見えるものが見えないっていうか、、いややっぱりうまく説明できないや。笑

まあとにかく、明かりは必要なときに必要なぶんだけあれば良いんだよねー。実際星空を観に行ったりするとみんなわかると思います。

そしてこれが赤色のLEDだけモード

なるほどー、これ便利かもなあ。

自分は必要最小限の明かりが欲しいけど周りにできるだけ眩しくないようにしたいというシチュエーションはありそうですね。

ぼくはしないんだけど、キャンプとかだとありそうなシチュエーションな気がします。

やっぱり買ってよかった。

これだけシンプルで必要十分な機能を持っているヘッドライトに出会えてよかった。そしてぼくはこれを買ってよかった。これで備えへの安心が買えるんだったら本当に安いと思いました。

実際使ってみて結構便利でした。

暗闇で星空を観た時に実際使ってみましたが、手元用に赤色LEDとか足元を照らすのにEcoモードとか結構使い勝手が良かったです。停電の時だけじゃなくてこういうシチュエーションでも便利ですね。

赤井川の星空

赤井川村の星空が綺麗だった、オリオン座から朝のあかりへ

2018年10月25日

強いていえば、ハイ→Eco→赤色LEDの順番固定だけが残念。

ここまでいかにこのヘッドライトを買ってよかったかを書きましたけど、欠点はないのかと思われるかもしれないので、一点だけ書いておきます。

それは3モードの切り替えは順番でしかできなくて、一発でEcoモードとか、一発で赤色LEDモードとかにならないってこと。

Ecoモードも赤色LEDモードも一瞬ハイモードにしないと切り替えられないってことかなあ。

でも、これくらいのお値段で買えるんだし、凄く良い買い物したなあって思っています!

スポンサーリンク