E-M5のアイカップが壊れて外れたのでEP-11を買ってみた。

EP11アイカップ

OM-D 初代E-M5を愛用しています!!

もう何年もこのカメラと一緒に出かけてたくさんの写真を撮って来ました。

星を撮りに行ったり、夕方や朝焼けを撮りに行ったり、このカメラとたくさんの景色や時間を共にしたと言っても良いと思います。

何よりこのカメラは軽くてコンパクトでしっかり撮れるところが気に入っています。だから愛着もあって、まだまだ使っていくつもりです。

でもですね、アイカップがすぐ外れてしまうんです。。

アイカップっていうのは、写真を撮る時に目を当ててカメラをのぞくところに付いている、光が入らないようにしてくれるゴムパーツです。

すぐ取れて、付け直してもまた外れる。。

ぼくの使い方が悪いのかなんなのかわからないのですが、とにかくこのアイカップという部品がすぐ取れるんですよ。で、付け直してもまたすぐに取れてしまってよく見たら固定爪が壊れてた。

最終的にどこかに落として失くしました。

こう何度も外れて付け直すを繰り返していれば、まあそうなりますよね。

スポンサーリンク

EP-11という大きめのアイカップを買ってみたんです

まあそんな訳で、カメラのアイカップが外れた状態でしばらく使っていたんです。

同じパーツを買ってもまたすぐに取れるんだろうなあって思ったら、このままで良いかあって思ってしまって、下の写真みたいに切ない感じでE-M5を使っていました。

これじゃ格好が悪いし、ちょっと写真撮りにくいし。

ダサい。。

よくこんな状態で持ち歩いて使っていたなあってくらい、見た目がダサい。

これはよくない。

やっぱりアイカップ買おう。

カメラ店へ行って店員さんと相談してこれを買いました。

ビックカメラへ行って来ました。

そしたら、今まで使っていたアイカップより大きめというか、深めのアイカップが売られていて、店員さんと少しお話して試しにこっちを買うことにしました。

 

EP-11っていう型番です。

EP-11はやや深めのアイカップ

あれ、なんかこれ丈夫そうじゃない?

まあ、見た目の話なんで、使ってみたらどうかってのはわかんないんですけど、まあものは試しってことで、この深めのアイカップEP-11を買ってみることにしました。

値段は千円ちょっとくらいでした。

取り付けてみた

なんか、アイカップの主張がすごい気が。。

気のせいでしょうか、カメラの大きさに対してアイカップが主張し過ぎな気がするんですけど。

まあでもちゃんと使えればよいし、まあいっか。

付属のストロボを付けてみる

アイカップとストロボ干渉しないかなあ。

アイカップが大きめだから、付属のクリップオンストロボがつけられなかったりするんじゃないかって思って、試しにストロボをつけてみたんですが、大丈夫そうです。

ぎりぎり大丈夫

横から見るとこんな感じ。

ほんのわずか隙間ができていて、干渉することはなかったです。

まあでもストロボ使う機会があまりないからあまり関係ないんですけど。

外れてしまわなければ良いんで。

このアイカップ、やっぱりちょっと大きめで慣れるのにちょっと時間かかるかなあ。まあでも最初に付いていたやつより厚みがあって僕は気に入っています。光を遮断してくれる感じもあるし、しばらくこれで使っていこうと思います。

まあ、なんにしても、外れなければ良いんですよ。

スポンサーリンク