DW-290はG-SHOCKみたいなチープカシオ、日付曜日表示も便利だし頑丈。

ゴツゴツしたデザインのCASIO腕時計といえば「G-SHOCK」があまりに有名です。

ぼくは地味なモノやあまり主張が強くないものが好きなので、いままでずっと「TIMEX キャンパー」のオリーブ色を使っていました。

TIMEX キャンパーのデザインはたしかに地味なのですが文字盤はとても見やすいですし、何より軽い。重量は確か20gもなかったはずです。

とにかくつけていても全然疲れないんです。

ほかには、Movement in Motionの時計もシンプルで地味なデザインで、なにより文字盤が見やすいので、これもとても気に入っています。

ところが今日書くのはこれらとは正反対の、G-SHOCKみたいにゴツゴツした腕時計のお話しです。

スポンサーリンク

チープカシオ(チプカシ)という選択。

はじめに、この「チープカシオ」(チプカシ)とは何なのか。

ということからなのですが、CASIOの腕時計には非常に安価なラインアップがあり、それは数百円から数千円まで様々なモデルがあって、それらを総じて「チープカシオ」といわれているようです。

F-91Wなどはあまりに有名ですね。

腕時計といえばなんとなく高級なイメージがありますが、チープカシオはそれらとは全く異なる、3桁とか4桁にちょっとはみ出るくらいの価格帯で販売されています。

「時間を知る」という腕時計の主な目的は違わないのに、ここまで低価格になってくると、チープカシオをいくつも揃えてしまうという人の気持ちもよくわかります。

例えばチープカシオの中には、シンプルなデザインのものも多くあります。

たとえばこれ「MQ-24」なんかはとても有名ですね。

これらはごくごく一部ですが、チープカシオは「とにかく安い」というだけでなく、そのラインナップも豊富にあり、なおかつ「CASIO」というブランドなわけですから、ちゃんと作られていて安心というのもチープカシオにファンが多いのだとぼくは思います。

「DW-290」ぼくが持っているチープカシオ

冒頭では、地味なモノ好きなぼくは「TIMEX キャンパー」を使っていますとか書いていましたが、実はぼくもチープカシオを持っています。

それはDW-290というモデルで、これがかなりG-SHOCKを意識したモデルなんです。

見た目はG-SHOCKみたいにゴツゴツして格好良くて、曜日と日付も確認できるのでかなり便利です。

そもそもこの腕時計を買った経緯は、「外で仕事したり動いたりしててどこかにぶつけても、そうそう壊れない時計がひとつほしいな。もし壊れたとしても買い直せるくらいの値段で。」というところから始まったと記憶しています。

いろいろ探していたときに、G-SHOCKも候補に上がって、「このデザイン良いなあ」というのがあったんですが、お値段が結構高かったんですよ。

GW-M5610というモデルなんですけどね。

GW-M5610だと、ぶつけて壊れて買い直せるという値段でもないんですよねー。

ついつい大切に使っちゃいそう。

それでさらに色々さがしていたら、チープカシオにこれと少し似たようなのがあって、値段は1/4くらいだったんです。

「これなら雑に使えそう、使い倒せる」そう思って買ったのが、DW-290です。

緑色の「ILLUMINATOR」とか「WATER RESIST」とかの文字がちょっと格好悪いなあって思ってたんですけど、まあこの値段なら良いかと思って買いました。

けれども、これら緑色の文字は使っているうちに気がついたら消えていて、いまは一番上や途中に貼ってある画像のとおり、緑色の文字が消えて買った時よりシンプルに見えるので、なかなか気に入っています。

ちょっと汚れたりぶつけたりしそうだなあってときはこの腕時計を使っています。

実際結構な回数いろいろな所にぶつけてるんですけど、かなり頑丈みたいでいまのところ全然壊れてませんし、G-SHOCKのGW-M5610みたいな赤枠線デザインも格好良くて、日付曜日確認もできるのでかなり便利に使い倒しています。

とてもお気に入りです。

スポンサーリンク