道の駅とうべつへ、雪の夜に。

道の駅とうべつ

新しい道の駅ができていました。

オープンしたことは知っていたのですが、あまり通ることのない場所だったため建設中の様子も見た記憶がなく、先日たまたま前を通った時に綺麗な灯りが点っていたのを見かけました。

今日はそれに吸い込まれるように入って来ました。

閉館時間近くだったので、全然ゆっくり見られませんでした。

でも新しいこともあってとにかく綺麗な施設というのが正直な感想です。

スポンサーリンク

9月末オープン後、初めて行きました

偶然にも「冬の夜」に訪れたため、そのシチュエーションがまたよかったです。

思わず外観を撮ってきました。

感想は、めちゃくちゃ綺麗!

特にトイレが綺麗すぎてびっくり

外観も建物の中もとても綺麗だし、とっても居心地の良い空間デザインになっていました。

そしてなにより一番驚いたのがトイレ。

広々していて、めちゃくちゃ綺麗。

なんなんですか、ここ。。。

ちょっとしたホールみたいな感じさえしました。

道の駅もいろいろありますけど、ここもすごいです。

雪の季節がよく合います

そこはかとないクリスマス感

偶然だけど雪の季節に来てよかったと思えるほど、雪の景色がとても似合う道の駅でした。

入り口にはちょっとしたイルミネーションもあって、そういえばクリスマスが近いんだっけ。なんて思い出すくらい冬の季節がよく似合う道の駅です。

「食」にちからを入れている道の駅なのに、この日は入ると同時に閉館時間でほとんど何も見られなかったので、今度改めてまた行ってみようと思います。

月が綺麗な雪の夜でした

夜空にはちいさな月が見えていました。

雪がちらちら降っていて、月もぼんやりと見える景色は僕のすきな景色のひとつです。

そして道の駅の建物からは、暖かそうな灯りが溢れ出しています。

今度来るときは、閉館時間ちかくとかじゃなくて、ちゃんと日中に来てみようと思います。

美味しいものも、面白そうなものにもたくさん出会えそうな気がしてなりません。

またひとつお気に入りの場所

当別といえば、石狩当別駅を出てすぐのふれあい倉庫の直売所にはよく行きますし、もう閉店されましたがレトロ自販機で人気の「アウル275」というお店の記憶は、多分ずっとぼくの中で残り続ける暖かで素敵な場所でしたし、そう考えてみると「当別」の街にはぼくの好きな場所はたくさんあるってことに改めて気がつかされました。

そんな当別のまちに新しくできた道の駅。

また新たに暖かな場所がひとつできて、人の流れも変わってくるのかなあ。なんて思うと少しわくわくしてきます。

 

スポンサーリンク