目的は軽さとそこそこの暖かさ、ニトリで買った羽毛掛けふとんはどうなのかレビュー

ニトリの羽毛掛け布団

今使っている綿布団が重たいので、軽い布団が欲しかった。

あれは年末のことでした。

体調を悪くしたぼくは寝ている時に吐いてしまって盛大に布団を汚してしまいました。

洗ってどうこうというレベルでもなかったので、泣く泣く処分してしまったのですが、

その後は妻実家から以前にもらった綿布団で寝ていました。

しかし、この綿布団重たい。。。

疲れる。。。

そこではじめて、今まで使ってた羽根布団は軽かったんだということにも気がつきました。

スポンサーリンク

だから軽い羽毛布団が欲しい

軽い布団

冬場はタオルケットと毛布と掛け布団の3枚で寝ているので、掛け布団が重たいと毛布の重さも加算されて結構な重さになるんです。そんな布団の使い方するからだとか、良い掛け布団が1枚あれば良いじゃないかとか、そもそも布団ってのはねぇ。。という意見もあろうかとは思うのですが、この寝方は子供の頃からでしてこれが一番しっくりくるので、いまのところはこれだけはゆずれないんですよね。。。

そして、タオルケットが夏場のシーズンものであることも今回ニトリに行ってはじめて知ったくらい、ぼくは寝具には詳しくありません。

なので、このレビュー記事はそういう人の目線で書いていることをご承知いただいた上で、まあ何かの参考になるかわかりませんが、そんな感じで読んでください。

湯たんぽと毛布もあるから暖かさはそこそこで良い

暖かさは良いんです、真冬はレンジでチンして温める湯たんぽを使っていますし毛布もありますから。ちなみにここ札幌では夜中の外気温がマイナス10度を下回ることも普通にあります。けれど寝ている最中、絶望的に寒くなければ良いって考えでした。そんなわけで目的は軽めの布団だったのです。

値段は安いもので良いと決めました、いまのところ高い布団の価値がわかる訳でもく、もしニトリで買うとしたらリーズナブルなイメージのあるお店なのでそういうお店で高いものを買う理由もよくわからないので高い布団を買う予定はありませんでした。

そもそも布団って定価が高くて実売価格がやたらやすくなってたりして、まあ寝具に詳しくないぼくみたいな人間からすると正直何を信用して良いかわからないので、それなりの値段がする寝具を買うのは自分が寝具にむちゃくちゃ詳しくなってからだなあと思っています。

ニトリでWhiteDuckDown50%使用羽毛掛け布団を買いました

ニトリの掛け羽毛布団ダックダウン

はい、畳ですとも。

昔はベッドで寝ていた時もありましたが、前に引っ越してから畳の上に敷いた布団で寝る方がしっくりきたので、それ以来だんぜん畳部屋で布団派です。

ニトリの布団は重さがわかりやすくて良い!

ニトリで布団を見ていると種類がたくさんあってサンプルもありました。これを手にとれば重さの感覚もわかりますし、モデルによっての重さ比較もできました。そして上の写真みたいに小さくパッケージされて売っているので、これを持てば全体的な重さがわかります。ちなみに綿布団も売ってましたがやはり羽毛と比べると重たかったです。

買ったのはダウン50%手軽に羽毛!おねだん¥5,990で洗濯機でも洗える!

あたたかレベル4の羽毛布団

ニトリにあった羽毛布団の中ではもっとも安価なものでしたが、持った感じ今使っている綿布団よりずっと軽かったですし、暖かさは6段階のうちレベル4というものだったので、まあこれで良いかなと思って決めました。

写真で少し写ってますが、洗濯機で洗えるのは良いです!

開封!わかりやすい説明があって嬉しい

ニトリ羽毛掛け布団開封

パッケージを開けるといかにコンパクトに収まっているかがわかります。

それと、「お使いになるまえに」ってわかりやすい説明も嬉しいです。

それにQ&Aの紙まで同封されていて、気になるあれこれが書いてあります。

こういうのも助かりますねー。

ぼくみたいに寝具に詳しくない人がニトリで布団を買ったは良いけど、普段どう扱えば良いのっていう人には、本当に大助かりです。

掛け布団カバーも一緒に買った

ニトリの掛け布団カバー

もう布団の上で吐いたりしないと強く心に誓ったぼくですが、それでも体と触れるものですから普通に使ってても汚れますよね、ということで布団カバーも一緒に買いました。柄がなくシンプルなのが良かったのですがそういうのは安めになっていて、それもまた嬉しかったです。

説明にあった通り軽くもみほぐしたらふかふかになりました

ニトリの掛け布団レビュー

ふかふかになったところで、布団カバーをかけて布団を敷いて見ました。

落ち着いた色で、以前から使っているそば殻まくらの枕カバーの色ともマッチしてくれます。

重さも軽い!うん、悪くない。

まだお昼ですが、試しに布団に入って見ます

ニトリの布団で寝た

すー、

すー、

すー、

いつのまにか寝てしまい、起きたら夕方過ぎてました。。。

起きたら夕方過ぎてました

布団軽くて快適すぎて、夜まで普通に寝てしまいました。。

疲れてたにしろ、布団が快適だったにしろ、ちょっとこれはいけませんねー。

まあ、布団に入った時点で寝る気満々だった訳で、全部言い訳にしか聞こえませんよね。

結論、ニトリの安い羽毛布団でも目的の軽さは手に入りました!

イコールいまのぼくには十分快適な布団というわけです。

いつか寝具に詳しくなったら、もっと良い布団やぼくの寝具に対する目的も変わってくるとは思うのですが、今のところはこれでじゅうぶんかな。という感じです。

カインズの照明

枕元を照らしてくれるので便利!カインズのタッチセンサー式テーブルライト

2017年12月12日

 

スポンサーリンク